お子さんの歯を守るのは親御さんの役目です

お子さんの歯を守るのは親御さんの役目です

8歳くらいまでの子供は、自分ひとりではまだしっかりお口の中をブラッシングすることができません。一番奥に新しく生える6歳臼歯を守るためにも8歳までは親御さんの仕上げみがきが重要です。

お子さんの歯を守るのは親御さんの役目です

三田駅・田町駅から通える歯医者「三穂デンタルクリニック」では、小児歯科の認定医が診療にあたり、お子さんの虫歯治療や虫歯予防を行っています。親御さんと当院の二人三脚で、お子さんの歯を守っていきましょう。

乳歯は大人の歯よりも注意が必要です

乳歯は大人の歯よりも注意が必要です

歯は永久歯よりも虫歯になりやすいということをご存じでしょうか? 乳歯は、表面のエナメル質が永久歯よりも薄いため、虫歯菌の出す酸によって溶かされやすく、すぐ虫歯ができてしまいます。また一度虫歯になると、進行が早いのも乳歯の特徴。日ごろから、大人以上に注意してあげることが必要なのです。

乳歯は大人の歯よりも注意が必要です

乳歯の時期に虫歯があると、永久歯になってからも虫歯ができやすくなると言われています。また咬むことにも支障が生まれ、その積み重ねによって顎の成長や骨格にまで影響が及ぶこともあるのです。一生のお口の基盤をつくる乳歯の時期。トラブルを招かないように、しっかりと見ていってあげましょう。

ご家族から虫歯が感染する可能性があります

ご家族から虫歯が感染する可能性があります

虫歯は感染症ですが、生まれてすぐの赤ちゃんのお口に虫歯菌は存在しません。しかしその後、ご家族から虫歯菌をうつされることでお子さんの歯は虫歯になってしまいます。これを「母子感染」と言います。

お母さんやお父さんなど身近にいる大人から赤ちゃんのお口に虫歯菌がうつってしまう「母子感染」の主な原因は、コップやおはしなどの共有や愛情表現のキスなど。母子感染を防ぐためには、食器を分けるなどの対処のほかに、身近な大人のお口から虫歯菌をなくしておくことが大切です。
また、虫歯菌を減らすのには100%のキシリトールガムが有効です。お子さんを虫歯から守るために、まずはご家族がしっかり口腔内ケアを受けるようにしましょう。

虫歯をつくらないためのポイント

ポイント1
歯質を強化してあげて
歯質が弱いと、虫歯になりやすくなります。歯科医院で歯質を強化する効果を持つフッ素を塗布する処置を受けるほか、フッ素入りの歯みがき粉や、フッ素の洗口剤を利用するなどするといいでしょう。
ポイント2
だらだら食べをやめて
おやつをだらだら食べ続けていると、お口の中はいつも食べカスで汚れた状態になってしまうので、虫歯になりやすくなります。時間を決めて与えることを心がけましょう。
ポイント3
仕上げみがきをしっかり
お子さんのブラッシングは不十分です。親御さんが最後にきちんと仕上げみがきをしてあげてください。当院では8歳になるくらいまでの仕上げみがきを推奨しています。
PICK UP 仕上げみがきのポイント

PICK UP 仕上げみがきのポイント

  • お子さんを膝に寝かせて、頭の上のほうからみがきましょう
  • 毛先の短い小さめの歯ブラシを、歯面に直角に当てて
    みがきましょう
  • 歯みがき粉の味でだ液が出るのを遅らせるためにも、
    上の歯からみがきましょう
  • うがいができるようになったら、虫歯予防のためにも歯みがき粉をグリンピースサイズにつけてみがきましょう

歯の外傷(ケガ)

歯の外傷(ケガ)

転倒などにより歯の外傷が生じた場合、様々な影響が起こります。ぶつけた歯の神経へのダメージ、歯根が折れる、次に控えている永久歯への影響など、目に見えないものもあります。
歯の外傷は発生次第、早い処置が必要なこともあります。その際は、できるだけ早い診察をおすすめいたします。

処置メニュー紹介

ブラッシング指導

ブラッシング指導

ブラッシングは、一人ひとりのお子さんの口腔内に合った方法で行うことが大切です。そこで、歯科衛生士が正しいブラッシング方法を指導します。親御さんには、仕上げみがきのポイントをお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化する効果を持つフッ素を歯の表面に塗布し、虫歯を予防します。とくに生えてから3年くらいが虫歯になりやすい時期です。

PMTC

PMTC

歯科衛生士が専門器具を用いて行うお口の中の徹底的なクリーニングです。歯と歯、歯と歯ぐきの間に入り込んだプラーク(歯垢)や歯石を残らず取り除き、虫歯を予防します。

シーラント

シーラント

奥歯にある歯ブラシが届きにくい複雑で深い溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋め、食べカスを詰まりにくくすることで虫歯を予防します。

小児歯科認定医が安心の診療をご提供します

当院では、小児歯科の認定医が診療にあたります。大人とは違う子供のお口の特徴をしっかり理解し、適切な治療や、ケアについてのアドバイスなどを行っています。

名前 三穂 蓉子
略歴 東京歯科大学卒業
東京歯科大学 臨床研修医
東京歯科大学小児歯科学講座 勤務
神奈川県立こども医療センター歯科 勤務
亀田ファミリークリニック館山 勤務
所属 日本小児歯科学会 認定医
日本障害者歯科学会 認定医

小児歯科認定医が安心の診療をご提供します

小児歯科認定医が安心の診療をご提供します

「はじめての歯医者さん、いつ行ったらいいのかな?」「子供の歯並びが心配で……」など、お子さんの歯科治療についてお悩みのことはありませんか? 当院では、お子さんが楽しく歯科診療を受けられるような雰囲気づくりに努めています。

料理が出されて「これはまずくありません。」と言われても美味しそうに聞こえませんよね?歯医者さんに来たら「痛くないから」とはお子さんには言わず、「きれいにしてもらおうね。」とお話しください。

お子さんの歯についてのご相談はこちらから TEL : 03-5444-3361 三田駅から3分・田町駅から5分/平日19時半まで診療/土曜も診療

PAGE TOP